YouTube

こんにちは、akiraです^^

赤ちゃん

ブログにYouTubeを埋め込む方法を知りたい
なんかたまにブログにYouTubeを埋め込んでる人居てかっこいいから。
せっかくだし、マーケティングについても教えて

というお悩みに答えます。

この記事を読むとブログにYouTubeを埋め込む方法とマーケティングの基礎がわかります。

akira

この記事を書いている僕はコンサルで
ブログにYouTubeを埋め込む方法教えたり
自分でもブログにYouTube埋め込んだりしてます

ブログにYouTubeを埋め込む方法

YouTube

ブログにYouTubeを埋め込む具体的な手順を解説。

ブログにYouTubeを埋め込む方法

ブログにYouTubeを埋め込むには、まずYouTubeに動画をアップロードするところからです。

YouTubeに動画をアップロードする方法

動画のアップロードはGoogleアカウントにログインし、YouTubeにログインした状態でここからできます。
YouTube upload

「動画をアップロード」をクリック

YouTube

「ファイルを選択」をクリックすると、あなたのパソコンのファイルにアクセスされるのでアップロードしたいものをクリック。

file select

タイトルを記入して「次へ」をクリックすると・・・

YouTube upload

こんなものが出てきました。これは最近YouTubeが始めた子供向けサービスかどうかを判断するための質問です。「いいえ」を選びます。

YouTube upload

「公開設定」とは、誰向けにどこまで動画を見せるかです。説明書きがありますが、誰でも見れるのが「公開」で「限定公開」はURL知ってる人だけ見れるという感じです。

YouTube upload

↑ここまできたらあとは動画が完全に出来上がるのを待つだけ。

ブログにyoutubeを埋め込む方法

あなたのGmailアカウントにログインした状態で画像の手順
YouTube log in

他人の動画であれば、YouTubeの「共有」を押したら「埋め込みURL」が出てきます。
YouTube共有

ブログによっても異なりますが「埋め込みURL」を記事に挿入するだけで動画が反映されるものもあります。
YouTube埋め込みURL
オリジナル動画の場合、アップロードが完了したら他人の動画同様「共有」から「埋め込みURL」をコピペすれば完了です。

YouTube埋め込みタグ

YouTubeのどこに「共有」があるかというと、ここです。

YouTube共有

コピーして記事に挿入しましょう。

こんな感じです。

 

ブログにYouTube埋め込む目的

ブログにYouTubeを埋め込む目的は、文字だけで説明しにくい内容や、動画の方がよりイメージしやすいと判断したらYouTubeをブログに埋め込みます。

オリジナル記事+オリジナル動画の場合は
記事の内容がより伝わりやすくなります。

また、Googleは検索結果を動画中心にしたいという噂があってSEO的に見ても動画がある記事の方がSEOが効きます。

ブログにYouTube埋め込む活用例

例えば、ブログにYouTubeを埋め込む活用例としてはこんな感じです。

こうすることで記事の内容がよりわかりやすくなり、また読者の滞在時間を伸ばせるというおまけ付きです。

YouTubeに抵抗がない場合、ブログにYouTubeを埋め込んだ方がGoogleに評価されやすくなります。

マーケティングの基礎

Marketing

拡散

なぜここでマーケティングの話題かというと、ブログにYouTubeを埋め込むこと自体すでに何かしらの目的があるはずだからです。

動画の内容にもよりますが、例えば何かの講座の集客にYouTubeを使いたい場合、ブログにYouTubeを埋め込むことにより集客に繋げられる可能性があがります。

その際は

講座のイメージ、具体的な内容、
店舗に集客したい場合はアクセス方法など動画であれば
ブログよりも情報量が多くても一旦興味を持って見てもらえさえすれば
あなたの情報を最後まで受け取ってくれる可能性が上がります。

ただし、YouTubeもブログも基本は最後まで見られない・読まれないくらいで考えておいた方がよいです。

この辺りの説明はこちらの記事で詳しく語ってます。

>>参考:3つのnot

アクセスアップ

YouTubeをブログに埋め込む目的はアクセスアップもありますね。
例えばブログだけだったら検索エンジンでしか集客できません。

ところがYouTube×ブログだとYouTubeのアクセスからブログに、ブログからYouTubeにと読者に行き来してもらえる可能性があります。

そうなると、読者はより問題解決しやすくなりまた自然とそれぞれのメディアでの滞在時間も伸びます。

拡げる

最後にマーケティングの概念について。

マーケティング=拡げる

と考えましょう。
なぜマーケティングを学ぶかというと、あなたの商品やサービスをより多くの人に知ってもらうためですね。

せっかく作ったサービスが1人にしか知られてないのと100人に知れ渡るのだと当然後者の方が購入される可能性があがります。

しかしマーケティングを学ぼうとすると、
3C分析とから4Pとかなんちゃらの法則みたいなのがたくさんあって難しそうに感じます。

そこで、一度マーケティングを抽象化して
マーケティング=拡げること
と捉えると「なるほど。じゃあ確かにYouTubeをブログに埋め込むこと自体マーケティングの一種なんだな」と納得できるはずです。

この辺りの概念や方法はこちらがとても勉強になります。
>>参考:脱獄