WordPress

こんにちは、akiraです^^

赤ちゃん

wordpressのおすすめのプラグインを知りたい
プラグインありすぎて迷うわ。入れすぎたらサイト重くなるって聞いたし
ついでにテーマのおすすめも教えて

という人向けです。

この記事を読むとWordPressのおすすめプラグイン5つ+ついでにおすすめのテーマも知れます

akira

この記事を書いている僕はWordPress8年以上
現在、この5つのプラグインのみで対応中

wordpressのおすすめプラグインはこの5つだけ【図解】

気合いで全部図解してみました。

WordPressのプラグイン5つ羅列

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
Classic Editor(クラシックエディタ)
Google XML Sitemaps(グーグルXMLサイトマップ)
賢威キャラクタープラグイン
Redirection(リダイレクション)

です。では行きましょう。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)とは
迷惑コメントとかスパムをアンチしてくれるプラグインです。
名前の通りですね。

設定が若干ややこしいですが

コメントを受け付けてる人は
Akismet Anti-Spam入れといたほうがいいです。

WordPress運営してたら海外の変なサイトから
変なコメントあったりして、結構げんなりします。

僕はAkismet Anti-Spam設定するだけで
本当にスパム来なくなったからびっくりです。

プラグインの入れ方がわからない場合
こちらをご覧ください。

ではkismet Anti-Spamの設定について図解します。

 

「Akismet Anti-Spam」の「Akismetアカウントの設定」をクリック

 

こんなページになるので、「Akismetアカウントの設定」をクリック

 

画像で「パーソナルに」ってなってますが、一番左のやつクリックでOK

 

「¥4500」というバーをクリックしながら…

 

「¥0」までします。

 

あとは、あなたの苗字と名前「ホームページURL」を入れて青いボタン押します。
(僕はすでに「Akismetアカウントの設定」が終わってるのでURL入ってます)

 

ここ、もしかしたら抜けてるかもですが「WordPress.com」のアカウント作って
WordPress.comに登録したメールアドレス宛にこんなメールが届く予定です。

 

さっきのメールの「APIKey」をコピりつつ、再びWordPressで操作。

 

確か、この画面に自動的にAPIkey入ると思います。(「変更を保存」忘れずに)

 

無事、設定が完了したら、プラグインの管理画面でこんな文章が出ます^^

 

ここまでが「Akismetアカウントの設定」でした。
若干ややこしいですが、これやってるだけで
スパムの心配から解放されるので、頑張ってみましょう。

Classic Editor(クラシックエディタ)

Classic Editor(クラシックエディタ)は
新しくなった「ブロックエディタ」を戻すプラグインです。

最近WordPress導入したばっかの人は
「ブロックエディタ」になれてるかもですが
もともとのエディタ使ってた人からすると鬼使いにくいです。

Classic Editor入れるだけで解決します。
Classic Editorの愛が強すぎて1記事にしちゃいました。
よかったら参考にしてください。

Google XML Sitemaps(グーグルXMLサイトマップ)

Google XML Sitemaps(グーグルXMLサイトマップ)は
Googleクロームに「記事更新したよ」って知らせてくれるプラグインです。

目に見えるサイトマップとは違い、Google XML Sitemapsは
SEO対策の一環として導入をおすすめします。

Google XML Sitemapsもなかなかに設定がややこしいので
図解します。

「Google XML Sitemaps」を有効化したら「設定」→こんな画面になります。
で、ここからはよかったら画像の設定を真似してみてください^^

↓Google XML Sitemapsのこの設定マネるだけで恐らくいけます。↓

 

 

 

 

ここまで完了したら、こんな文言が出ます。

 

これで「Google XML Sitemaps」の設定は終了です。(お疲れですm(._.)m)

賢威キャラクタープラグイン

賢威キャラクタープラグインは賢威で使えるプラグインです。

akira

こんなやつです。

賢威についてはこちらを参考にされてください。

賢威キャラクタープラグインを使うと
会話風の記事も可能になります。
そもそもなんですが、賢威キャラクタープラグインってくらいなんで
賢威使ってない人はこのプラグイン意味ないです。

賢威派になった人で、会話風の記事書いてみたい人は
ぜひ賢威キャラクタープラグイン入れてくださいね。

では、賢威キャラクタープラグインのダウンロード方法を図解します。

 

賢威のサポートページにログインして「賢威8」をクリック

 

「賢威8スタンダード」なんちゃらって画面に行きます。

 

下にスクロールして、「賢威プラグイン」か「キャラ設定機能」クリックすると…

 

こんな画面になるので「キャラ設定プラグインのダウンロード」をクリック

 

Zipファイルでダウンロードできます。

 

ダウンロードできたら、WordPressの管理画面から「賢威キャラクタープラグイン」を
アップロードしてください。

そのやり方はこちらの記事が参考になるはずです。

Redirection(リダイレクション)

最後に、Redirection(リダイレクション)について。
Redirection(リダイレクション)は「301リダイレクト」のことです。
・・・

なんか難しそうな話が急に出ましたが大丈夫です。

「301リダイレクト」って
もう使ってないドメインを「301リダイレクト」すると
新しいブログに飛ばせる便利な機能です。

便利と言われてもピンと来ないと思いますので
解説すると、

例えば、
「ドメイン新しくしたけど、更新してないブログに
アクセスは来るのもったいないなぁ。
新しいドメインのブログにアクセス飛ばしたいなぁ」

って時に「301リダイレクト」使います。
(てか、実際に僕が上記で悩んでました)

「301リダイレクト」って自分でやろうと思うと
設定がややこしいです。

そこでRedirection(リダイレクション)という
プラグインだと超簡単に設定できます。

なかなかこんな悩みないかもですが
もし前の僕と同じ悩みがある場合
参考になればと思ってRedirectionの設定方法を
図解します。

 

Redirection(リダイレクション)はこれです。プラグイン検索で入れてくださいませ。

 

Redirection入ったら「設定」をクリック

 

「転送ルール」をクリック

 

あとは、画像のように「前のURL」と「新しいURL」入れて
「転送ルールを追加」押すだけです。

 

Redirectionの設定方法は以上です。
自分で「301リダイレクト」挑戦して挫折した人は
感動レベルのプラグインでした。

WordPressのプラグインが省けるテーマ(動作軽め)


プラグインは少ないほうが良いです。

プラグインが多いとWordPressが死ぬ

「プラグインが多いとWordPressが重たくなる」ってなんか問題あるの?
実は、ありありです。

ページの表示が3秒遅れるだけで人はそのページを閉じたくなります。
これ、やばいです。

なぜなら、ページに訪れてくれた人というのは
タイトルに興味を持ってクリックしてくれた人
だからです。

もしかすると、記事を読み進めてくれて問題解決したり
商品を買ってくれてたかもしれません。
記事を読んであなたのファンになってくれてたかもしれません。

でも、たった3秒ページが開かれなかったせいで
あなたはそのチャンスを逃しました。

・・・

これは売上に直結する問題なので早急に解決したほうが良いです。
「WordPress おすすめ プラグイン」で検索したら

「WordPressのおすすめプラグイン24選」みたいなのあります。

 

24選ならまだマシですが、ひどいのだと50選とか…
もはや、それ選別してないでしょレベルのものも。

なぜ、読者が困惑するような数を選別してるかというと
長文SEO対策を狙ってる記事です。

この記事通りに全部プラグイン入れると
WordPress死にます。

プラグインはないほうがいいんです。
とはいえ、専門的な言語わかんない人(僕)にとって
WordPressのプラグインは救世主です。

助けてもらいつつ、できるだけ数は入れないほうが良いでしょう。

WordPressのおすすめのプラグイン5つで足りなくない?

この記事を書いてる時点で、本当に5つしかプラグイン入れてません。
WordPressのプラグイン調べたことある人なら
恐らく、WordPressのSEO対策でど定番の「All in One SEO Pack」ないやん
ってなるかと思います。

なぜ、定番のプラグインがほとんどないか。
それは賢威というテーマを使ってるからです。

以前のブログでは、賢威使ってなかったので(cocoonていうテーマでした)
いっぱいプラグイン入れてました。そのせいで確かに重かったです。

でも賢威にしたら

・All In One SEO Pack
・Google analytics
・easy table of contents

あたりが省けました。

賢威なら、All In One SEO Packプラグインなくても
SEO対策ばっちり、というか相性悪いみたいなんで
賢威使ってる人はAll In One SEO Pack入れなくてOK。

Google analyticsも賢威の設定で追加できるので
プラグインやめました。

僕は前のブログではこんな感じでプラグイン入れてました。

 

そして、最近はメールで問い合わせがほぼないので
今回のブログにはContact Form 7も入れてないです。
(用事ある人はSNS経由で直メッセ来ます)
(Contact Form 7はお問い合わせフォームのプラグインです。)

賢威にはもくじ機能も最初からあるので
easy table of contentsはやめました。

あと、Wp-Insertっていう広告貼るプラグインも入れてましたが
賢威のサポートサイトのコードはコピペだけで
めっさかっこいい枠とかデザイン使えるので

Wp-Insertもやめました。

これはあくまで僕のやり方なんで、プラグイン5つじゃ足りない。
って方は全然入れてもいいです。

ただ、プラグインが多いほどWordPressに負担はかかりますので
ご注意ください。

WordPressのプラグインを省ける賢威とは?

賢威は一言でいうとSEO対策専用のテーマです。
(勝手に僕が言ってます)

賢威入れとくと、勝手にSEOかかるんで
めんどくさいSEO対策がだいぶ軽減される気がします。

それに、WordPress殺す大量のプラグインも省けるので
ページ速度が速くなるので、離脱率下げる効果もおまけで付いてきました。

賢威はアフィリエイターの中で神的なテーマです。
実際にかなり稼いでるアフィリエイターさんが賢威使ってたりします。

賢威については愛が深すぎて記事にしましたので
興味あれば参考にしてみてください。

以上、WordPressのおすすめプラグイン5つ+ついでにおすすめのテーマについてでした。