zealsound(ズィールサウンド)

こんにちは。akiraです。今回はzealsound(ズィールサウンド)Amazonの格安コンデンサマイクレビューです。

この動画はzealsound(ズィールサウンド)のコンデンサマイクについて知りたいとか、Amazonの格安コンデンサマイクについて知りたいって人向けです。もっと具体的にいうとpocochaの機材やマイクを探してるって方向けの動画です。この動画を撮ってる僕は過去に10万くらいのコンデンサマイク使ってました(引越しかなんかで謎にどっか行きました)

zealsoundのコンデンサマイクは買わないでください。

businesssippai

zealsoundのコンデンサマイクって、格安すぎますが買わない方が正解でした。

zealsoundのコンデンサマイクのホワイトノイズ

さて、結論ですが、zealsoundのコンデンサマイクは買わないでください。なぜなら「サー」というホワイトノイズ(マイクの線をさしたときのあのなんとも言えない雑音)が酷すぎるからですね。あなたは恐らくネットを使って動画を配信する目的でzealsoundを購入しようか検討されてるんだと思います。

もっと具体的には僕もやってたpocochaとかでライブ配信をするためにzealsoundを検討してたのかもしれません。それならばzealsoundさんには申し訳ないですが、zealsoundのコンデンサマイクはまじでやめといて。

zealsoundって他にも目覚まし時計とかも販売してるみたいなんですが、あくまでも僕が言ってるのはzealsoundのコンデンサマイクのことです。

コンデンサマイクって単一型のマイクと違って確かにホワイトノイズがノリやすいことは確かです。

 

そんな高くないです。

これ買いました!

 

ホワイトノイズの原因は色々考えられますが、結構な確率で考えられるのが接触不良です。僕はギターを弾くんですが、ギターのシールドの接触が悪くなってると「ブー」っていうノイズみたいなのが発生することがあります。

そんなノリでコンデンサマイクもマイクケーブルが断線してたり接触不良を起こしてるとホワイトノイズの原因となるみたいです。

しかし、zealsoundのコンデンサマイクの場合ホワイトノイズの原因がいまいちわかりません。付属のマイクケーブルの接触不良かもしれませんが、他に考えられる原因としたらマイク本体かと。

ケーブル部分が原因のホワイトノイズならケーブルを買い換えるだけで即解決しますが、もしマイク本体が原因の場合、正直解決策はないと思います。そうなるとコンデンサマイク自体を買い換えるのが一番ですね。

まぁ、正直zealsoundのコンデンサマイクって激安すぎてもともとアレなんですが。ちゃんとAmazonのレビュー読んでから購入すべきだった。。この記事を書くに当たって、さっきzealsoundのコンデンサマイクのことを色々と調べてたんですがメルカリに出品が多かったです。

ということは僕みたいにzealsoundのコンデンサマイクを買ったはいいものの、恐らくホワイトノイズが酷すぎて「こんなんじゃpococha配信もなんもできんやん」ってなった人が出品したものと思われます。。

ライブ配信用にzealsoundのコンデンサマイクは買わないで。

僕的には今はpococha辞めてるんで別にいいんですが、YouTubeとか撮る時とかはzealsoundのコンデンサマイクがもし使えたらぜひ活用はしたかった。ってことでここまでzealsoundのコンデンサマイクのホワイトノイズを言いまくってしまったので、恐らくあなたはzealsoundのコンデンサマイクは買わないと思います。

しかし、僕自身他のコンデンサマイクを購入したわけじゃないので結局iphoneかMacBookの内部マイクで対応することになるかと思います。特にiphoneにもともとついてるAirpodsじゃない方のやつは、雑音も消えてかなりクリアに録音、動画配信も可能みたいなので。

zealsoundのコンデンサマイク以外で使えるグッズ

zealsoundのコンデンサマイク以外で、ライブ配信とかで使えるグッズはスマホスタンド付きのリングライトはまじであった方がいいですよ。僕も実際の配信の時にはかなりお世話になりました。ちなみに僕はiphoneSE使っててスタンドの適応サイズギリでした。SE以上の大きさのスマホ使ってる方ならまずイケますんでご安心を。

ライブ配信とかYouTube配信考えてる人が最低限揃えておきたいアイテムとして「コンデンサマイク・ライト・スマホスタンド」の3点セットくらいだと思います。

スマホライトスタンドおすすめ

こんな感じのスマホライトスタンドがいいです。

あ、Amazonでライブ配信者向けのセットみたいなの売ってますが、アレは辞めといた方が良いっぽいですよ。僕は使ったことないですが、今回のzealsoundのコンデンサマイクで勉強になったようにAmazonレビューをみてると「それなり」とか「使えません」的な同じようなレビューがたくさんあったからですね。

僕ももちろんzealsoundのコンデンサマイクを購入検討してる時に同時にライブ配信者セットみたいなのも一緒に購入しようとしました。だから色々調べたんですが、コンデンサマイクに関しては特にお金をケチってはいけないってことがわかりました。あなたが安物買いの銭失いにならないようにzealsoundのコンデンサマイクを買った先輩としての意見でした。

zealsoundのコンデンサマイクの後日談

メルカリに葬り去りました。(ちゃんとホワイトノイズのこととか詳細に書きましたよ)

zealsoundのコンデンサマイクの後日談

さて、ホワイトノイズで全く使い物にならなかったzealsoundのコンデンサマイクをメルカリに出品でもしようかな。もちろんメルカリに出すときにzealsoundのコンデンサマイクのホワイトノイズのことも書きます。そもそもコンデンサマイクって何?って人からしたらこの値段でコンデンサマイクを“試せる”って思うと安いかもしれません。(僕が専門学校の時のコンデンサマイクは1本100万円のやつでした。)さっきzealsoundのコンデンサマイクのAmazonレビューをみたんですが、現時点で754件のレビューが集まってました。そのうちホワイトノイズに言及してるのはたったの7件。

zealsoundのコンデンサマイクの中国の売り方

ん?どういうこと?って思います。Amazonのレビューってzealsoundのコンデンサマイクにかかわらずやらせコメントが多いのでご注意くださいね。ってなんでそんなこと知ってるの?って話だと思いますが、僕が実際にそういう仕事を過去にやったことがあるからです。

中国ってお金を稼ぐためならその辺りのモラルが皆無なので商品をタダであげるから星5のレビューくださいね。返金はpaypalでちょりっす。的な詐欺行為が日常です。その手法は今もありますが。まぁ僕はもういいかなって感じですね。

zealsoundのコンデンサマイクはその手法がかなり“ヒット”した模様です。要は実際にzealsoundのコンデンサマイクなんて1ミリも使ってない日本人(かどうかも怪しい)が適当に「めっちゃいい音です!」とか「最高です!」というよっちゃんイカ以上に薄っぺらいレビューをして商品をタダでもらう。で、それをメルカリで売る(僕はzealsoundのコンデンサマイクをちゃんと買いましたよ(笑))そんなやり方に実際に騙されてzealsoundのコンデンサマイクを買う人がたくさんいます。って僕もその手法知ってたのにまんまと騙されたうちの一人ですねw

【おすすめサービス】
LEDリングライト+スタンド付き←マジでおすすめ。
ライバーだけじゃなくYouTuberも動画配信には割とマストかも。

Amazonのいい感じのコンデンサマイク←良さげなの見つけました。

 

#1009blog
#akira01
#YouTube
#YouTubeDRM
#pococha
#17live
#SHOWROOM
#ライバー
#ライブ配信アプリ
#BOX枠
#わっしょい